雇用関連助成金「キャリアアップ助成金」のご紹介 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

社労士コラム

人事労務管理のポイント

人事労務管理のポイント雇用関連助成金「キャリアアップ助成金」のご紹介

雇用関連助成金「キャリアアップ助成金」のご紹介

今回は雇用関連助成金についてお話しさせていただきます。

我々社会保険労務士が取り扱う助成金は主に厚生労働省管轄のものになります。
これは人を雇う等に受給できるもので、今回は本年3月から新たに拡充・新設された中から、受給するための要件に該当する会社が多いのではないかと思われる、キャリアアップ助成金をご紹介します。

キャリアアップ助成金は、正規雇用等転換コース、人材育成コース、処遇改善コース、健康管理コース、短時間正社員コース、短時間労働者の週所定労働時間延長コースの6種類があります。

・正規雇用等転換コース
パート・アルバイト、有期契約労働者などを正規社員に転換する制度を導入し、その規定に則り正規雇用へと転換へした場合に助成されます。助成額は転換者1人当たり最大50万円(上限人数有)。

・人材育成コース
パート・アルバイト、有期契約労働者などに、一般職業訓練(Off-JT)または、有期実習型訓練(「ジョブカード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6ヵ月の教育訓練)を行った場合に助成されます。
訓練にかかった経費助成、最大30万円、訓練中の賃金助成、1時間当たり最大800円(支給限度有)。

・処遇改善コース
パート・アルバイト、有期契約労働者すべての者の基本給の賃金テーブルを3%(要件緩和有)以上増額させた場合に助成されます。助成額は1人当たり最大1万円(支給限度有)。

・健康管理コース
パート・アルバイト、有期契約労働者などを対象とする、法定外の健康診断制度を導入し規定に則り、延べ4人以上実施した場合に助成されます。助成額は1事業所当たり最大40万円(1回のみ)。

・短時間正社員コース
短時間正社員制度を導入しその規定に則り正規労働者を短時間正社員に転換(ワークライフバランスの観点により)、またはパート・アルバイトの短時間労働者を短時間正社員に転換、等した場合に助成されます。助成額は転換者1人当たり最大30万円(上限人数有)。

・短時間労働者の週所定労働時間延長コース
週所定労働時間25時間未満のパート・アルバイト、有期契約労働者を週所定労働時間30時間以上(社会保険適用条件を満たす労働時間)に延長した場合に助成されます。
助成額は1人当たり最大10万円(支給限度有)。

いかがでしたでしょか。該当しそうなコースはありましたでしょうか。
ご不明点等ございましたら何なりと顧問弁護士または社労士法人ベリーベストへご相談ください。