知財契約取引 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

知財契約取引

知財契約取引

保有する権利を有効活用するにはライセンス契約が重要です!!

保有する知的財産権について、具体的な活用方法がわからない、といったお悩みを抱えておられませんか?

知的財産権の活用方法としては、主に以下のものが挙げられます。

  1. ①権利者自らが、特許や発明等を用いた製品を、市場で独占して販売し利益を得る
  2. ②特許権等を他社へライセンスすることで、ライセンス収入を得る
  3. ③特許権等自体を他社へ譲渡することで、譲渡代金を得る

上記の中でも、②③の場合は、他社との関係において、ライセンス契約や譲渡契約を締結する必要があることから、契約締結に関する事前交渉や契約書の作成が非常に重要となります。

もちろん、これらの対応を自社で行うことも可能ですが、その場合には、権利の内容や有効性について、十分な分析がなされていないことから、事前交渉が不利に終わってしまう、権利の内容や有効性が契約書に十分に反映されていない等、不測の事態に陥る可能性が高いです。

したがって、契約実務や知的財産に関連する法律等に精通し、かつ、将来のあらゆる事態(法的リスク等)を想定することのできる知的財産及び訴訟の専門家である弁護士・弁理士に、これらの対応を依頼することをお勧めします。

ベリーベスト法律事務所では、豊富な経験とノウハウを駆使し、より有効な知財契約を締結できるように交渉及び契約書作成をワンストップで行います。もちろん、英文の契約書についても、迅速に対応することができますので、知的財産に関する契約等ついてお悩みの企業の方は、ぜひベリーベスト法律事務所までご連絡ください。

具体的なサポート内容

  • ・知財契約書の作成
  • ・知財契約書のリーガルチェック
  • ・知財契約締結に向けた事前交渉

さらに詳しく、「知的財産」について解説!「知的財産専門ページ」のご案内詳しくはこちら