知財紛争 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

知財紛争

知財紛争

自社の大切な知的財産の権利を他社に侵害されていませんか?

保有する権利を侵害されているようだが、どのように対応したら良いのかがわからない、といったお悩みを抱えておられませんか?

知的財産権は、無形のアイデアや信用等を保護するものであり、一度、権利が侵害されてしまうと、その回復は容易ではありません。そのため、権利の回復を適切に図るには、知的財産権の侵害に対して、迅速に対応策を講じることが必要となります。

知的財産権を侵害された場合の対応策としては、主に以下のものが挙げられます。

①差止請求

知的財産の権利者は、他人の侵害行為を排除することができます

②損害賠償請求

他人の侵害行為によって、知的財産の権利者に損失が発生している場合は、知的財産の権利者は、侵害者に対して、損害賠償の請求ができます

上記の請求は、権利者自身で行うことも可能です。しかし、知的財産権の侵害への対応は、内容が専門的であり、手続も複雑であることから、権利者自身による対応では、効果的な解決が図れない場合がほとんどです。
そこで、適切な権利行使や効果的な権利の回復という観点からは、知的財産に関連する法律や訴訟手続等に精通し、かつ、権利侵害訴訟等についての経験が豊富な専門家である弁護士・弁理士に依頼をすることをお勧めします。

ベリーベスト法律事務所では、豊富な経験とノウハウを駆使し、より効果的な権利行使や権利の回復ができるようにワンストップで対応します。もちろん、国際的な知財紛争にも対応することができますので、知的財産に関する紛争ついてお悩みの企業は、ぜひベリーベスト法律事務所までご連絡ください。

具体的なサポート内容

  • ・書面による警告、電話による警告
  • ・和解交渉
  • ・訴訟

さらに詳しく、「知的財産」について解説!「知的財産専門ページ」のご案内詳しくはこちら