労働紛争 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

労働紛争

労働紛争

労働紛争は、企業の内部事情に詳しい顧問弁護士にお任せください!

次のような従業員との労働問題に関するお悩みはありませんか。

  • ・未払いの残業代を支払えと従業員が訴訟を提起した
  • ・解雇した元従業員が復職を求めて労働審判を申し立てた
  • ・うつ病にかかった従業員が会社の責任と主張して損害賠償を請求してきた
  • ・労働組合が不当労働行為と主張して都道府県労働委員会に救済を申し立てた

このように、従業員との間で労働に関する紛争が発生してしまい、どのように対応すればよいかわからないというお悩みはありませんか?

従業員との労働に関する紛争は、初動対応を誤ると、途端に問題が紛糾して拡大してしまい、他の従業員だけではなく、社会的な信用にまでマイナスの影響が生じてしまうおそれがあります。また、一度、労働紛争が生じてしまうと、企業は、従業員との紛争を抱えながら、通常の業務を行わなければならないため、その負担はとても大きいものになってしまいます。

弁護士は、紛争解決の専門家であり、最終的には裁判を起こすことができます。そのため、従業員との交渉段階から、裁判に発展した場合の見通しを意識して、適切な対応をすることができます。

特に、顧問弁護士は、普段の法律相談等を通して、企業の内部事情に詳しいですから、内部事情を踏まえた上での迅速で適切な対応ができます。

ベリーベスト法律事務所には、労働問題を専門的に扱うチームが存在していますので、多数の事件処理を経験した弁護士が、企業が抱える従業員との労働紛争を、迅速かつ適切な解決に導きます。

さらに、ベリーベスト法律事務所は、全国に拠点を展開していますので、本店所在地以外で発生した労働紛争も、各オフィスの弁護士と連携しながら対応することができます。

労働紛争にお悩みの企業の方は、ぜひベリーベスト法律事務所までご連絡ください。

具体的なサポート内容

  • ・交渉
  • ・労働審判への対応
  • ・保全手続への対応
  • ・通常訴訟への対応
  • ・あっせん手続への対応
  • ・団体交渉への対応
  • ・不当労働行為救済申立事件への対応

さらに詳しく、「労働問題」について解説!「労働問題専門ページ」のご案内詳しくはこちら