特許・商標・意匠出願 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

特許・商標・意匠出願

特許・商標・意匠出願

発明・デザイン・ブランド名の権利化は、顧問弁護士(弁理士)にお任せ下さい!

「特許や実用新案、意匠、商標の権利を取得し、自社の知的財産分野を強化したいが何から始めたら良いのかがわからない」といったお悩みをお抱えではありませんか?

新しい発明、新しいデザイン、自社の商品やサービスの新名称について、権利取得して独占する為には、所定の様式(書式)を揃えて、特許庁に出願する必要があります。そして、権利を取得し、維持するためには、出願前の先行調査、出願書類の作成、出願後の拒絶対応、登録後の期限管理等といった各段階での迅速な対応が重要となります。

なかでも、出願書類の作成は、権利範囲を確定するうえで、非常に重要です。もちろん、出願人ご自身で出願書類を作成し、特許庁へ出願することも可能ですが、この場合には、権利範囲が適切でないことから、侵害者に対しての権利行使や、ライセンス契約の場面において、不利になることも少なくありません。

そのため、戦略的な出願を行うことで、適切な権利範囲を設定し、将来における第三者の権利侵害行為への対処や交渉、ライセンス契約を有利に進めるといった観点からは、知的財産及び訴訟の専門家である弁護士・弁理士に依頼することをお勧めします。

ベリーベスト法律事務所では、出願手続についての豊富な経験とノウハウを駆使し、より有効な権利を取得できるように手続を行います。日本国内だけではなく、外国への出願についても迅速に対応することができますので、国内外における特許、商標及び意匠出願についてお悩みの企業の方は、ぜひベリーベスト法律事務所までご連絡ください。

具体的なサポート内容

  • ・先行調査
  • ・出願書類の作成
  • ・特許庁からの拒絶対応、審判対応
  • ・期限管理
  • ・外国出願

さらに詳しく、「知的財産」について解説!「知的財産専門ページ」のご案内詳しくはこちら