M&A | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

M&A

M&A

弁護士であれば、経営者に寄り添ったM&Aのサポートができます!

経営者の方、このようなお悩みはございませんか?

  • ・M&Aによって国際競争力をつけたい
  • ・国内市場の競争力を強化したい

中小企業の経営者の方で、このようなお悩みはございませんか?

  • ・後継者問題の解決のために、M&Aを考えている
  • ・事業の将来性に不安があり、M&Aによって安定的な経営体制を確立したい

十分な法務デューデリジェンスでM&A実施後のトラブルを防止

M&Aには、各種の手続が必要となるため、経営者が単独で実施することは困難です。そのため、仲介会社やアドバイザーが関与することが多いですが、仲介会社やアドバイザーは、M&Aの成立そのものに関心を寄せることも多く、経営者と利害が一致していないこともあります。そこで、経営者の利益を第一に考えることができる弁護士が、M&Aに関与することが重要です。

また、M&Aにおいては、権利関係が複雑に錯綜するため、各種の法的観点からの検討を行ったうえでスキ-ムを構築したり、何種類もの契約を締結することが必要になります。

例えば、株式譲渡や事業譲渡ではなく、合併や会社分割といった会社法上の組織再編に該当する手法を活用する場合、会社法上、様々な手続が要求されますが、この手続に不備があれば、合併や会社分割の効力に瑕疵が生じることがあります。

また、十分な法務デューデリジェンスを行わずにM&Aを行ってしまうと、M&Aの実施後に対象会社の重大な法令違反が発覚し、予期しない負担を負わなければならないということになりかねません。

さらに、十分なリーガルチェックを行わなかったために、表明・保証の内容を検討することなく契約を締結してしまい、M&Aの実施後に、表明・保証の違反を理由に高額の損害賠償を請求されてしまうということもあります。M&Aの取引は高額になりますので、トラブルが生じてしまった場合の損害等も高額になってしまうことが多いです。

弁護士にM&Aのサポートを依頼することで、法務リスクを回避

弁護士がM&Aのサポートを行えば、以上のようなリスクを回避することができます。弁護士は、会社法のみならず、金融商品取引法や独占禁止法といった法律を幅広くリサーチし、的確なリーガルアドバイスを提供することができます。

また、紛争解決の経験に基づいて、弁護士が、対象会社のデューデリジェンスや契約書の作成・確認(リーガルチェック)を行うことで、法務リスクを回避することができます。

さらに、弁護士は、代理人としての交渉も日々行っていますので、契約の条件交渉に同席したり、経営者の個人保証の処理について、金融機関との交渉を行ったりといった場面でも、経営者のサポートができます。

M&Aをベリーベストグループに依頼するメリット

M&Aのデューデリジェンスを行う場合、短期間に膨大な資料を読み込んだうえで、法的検討を行う必要があります。ベリーベスト法律事務所には、M&Aの経験豊富な弁護士を含めて、約130名の弁護士が所属していますので、複数の弁護士でチームを組み、限られた時間の中でスピーディに対応することができます。

また、ベリーベスト法律事務所のグループ法人には、税理士が所属していますので、財務デューデリジェンス等についても、弁護士と協働して、スムーズに対応することができます。 さらに、外国の会社が関係するM&Aであっても、外国の法律事務所と提携して対応できる場合もあります。

以上のような幅広いサポートができますので、M&Aに関するご相談は、ぜひベリーベスト法律事務所までご連絡ください。

具体的なサポート内容

  • ・スキームの検討・構築
  • ・アドバイザリー契約の確認(リーガルチェック)
  • ・株主の事前整理
  • ・秘密保持契約書・基本合意書・最終契約書の作成・確認(リーガルチェック)
  • ・売却代金等の契約交渉
  • ・デューデリジェンス
  • ・許認可・登記等の確認、各行政機関への報告・届出等
  • ・不動産・従業員等の権利関係の処理
  • ・株主総会対応
  • ・紛争対応