米国法務 | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

米国法務

米国法務

訴訟社会である米国でも、顧問弁護士が企業を守ります!

米国への進出を検討しているが訴訟が不安、米国の法制度に精通している弁護士が見つからない、というようなお悩みをお抱えではありませんか?

米国は、訴訟社会と言われており、日本では到底考えられないような訴訟が起こされ、訴訟の結果として、日本とは桁違いの損害賠償金額の支払いを命じられたりすることがあります。
そのため、紛争の予防と、紛争が生じてしまった場合の対応が、非常に重要です。

また、米国の裁判制度は、歴史的な背景から非常に複雑であり、専門的なノウハウを有している弁護士が対応することが特に重要です。

弁護士は、法律の専門家ですから、日本と米国の裁判や法制度の違いや、日本の企業が注意すべき点を具体的にアドバイスすることができます。
アドバイスの場面としては、米国への進出支援から、現地でのコンプライアンス遵守、紛争予防対策の策定、各種商取引に関する契約、M&A、行政機関との折衝、紛争が生じた場合の交渉、裁判・仲裁手続への関与等まで、企業が抱えるあらゆる法務問題において、サポートすることができます。

ベリーベスト法律事務所には、米国の弁護士資格を有する国際弁護士、米国法務の案件についての豊富な経験、専門的ノウハウを有する弁護士が所属しています。
また、ベリーベスト法律事務所が有する現地の法律事務所・弁護士とのネットワークを駆使して、現地と連携しながら、迅速に対応することもできます。
さらに、ベリーベスト法律事務所には、専門の翻訳スタッフも所属していますので、英文契約書等の英語で作成された書面の翻訳というご依頼にも対応しています。

具体的なサポート内容

  • ・日本企業の米国進出に関する支援
  • ・法令・裁判制度に関する調査
  • ・翻訳業務
  • ・各種契約書作成・確認(リーガル・チェック)
  • ・日本企業による米国企業を対象とするM&Aスキームの構築、デューデリジェンス
  • ・米国における紛争についての助言、現地法律事務所・弁護士の推薦、監督
  • ・仲裁機関による仲裁手続への関与
  • ・米国でのVISA取得手続の支援
  • ・米国司法省等が主導する経済犯罪に関する調査における日本企業の代理
  • ・E-Discovery対応、電子データの管理についてのアドバイス