顧問契約のメリット | 顧問弁護士サービス

0120-666-694
営業時間 平日9:30~21:00

顧問契約のメリット

顧問契約のメリット

何でも気軽にすぐ聞ける

「こんな初歩的なことを弁護士に聞いてよいのでしょうか?」
「法律の問題かどうかもわからないので弁護士に聞いてよいものでしょうか?」
などということを思われていませんか?このような質問を気軽にできるのが顧問弁護士のよいところです。
「迷ったらまず顧問弁護士へ」
こんな感覚でお気軽にご利用ください。
また、ご相談を予約されるときのような日程調整もいりません。お電話、メール、ファックスなどでお気軽にご質問をお寄せください。

企業の法務部の代わりになる

顧問弁護士がいれば、相手の提示した契約書の問題点を指摘してもらうことができ、契約締結交渉を有利に進めることができます。企業に顧問弁護士をつけることは、社内に法務部を設置する以上の効果を発揮する言っても過言ではありません。

社会的信用がアップする

顧問弁護士をつけている企業というのはまだまだ少ないですから、「あの企業は顧問弁護士がいる」ということになれば、まわりの企業から一目置かれるでしょう。とりわけ、銀行や優良取引先からの社会的信用が得られるというメリットがあります。反面、「あの企業は顧問弁護士がいるから適当なことはできない」と取引先に思わせることもでき、事前の牽制にもなります。

備えあれば憂いなし

継続的に企業の相談に乗ってくれている顧問弁護士ならば、気心も知れており、企業にとって大きな安心となることでしょう。特に、紛争というものは、時間が経過すればするほど問題が深刻化し、解決が困難となります。問題の発生を察知した時点で、すぐに顧問弁護士に相談できるならば、紛争が拡大・深刻化した時と比べて、心労がすくなくてすみ、時間的・経済的負担も軽減されるといえます。問題が起こってから弁護士を探していたのでは遅いケースは少なくありません。

より的確な処理が期待できる

経営に関する法律相談の場合、企業の事業内容や営業方針など企業内部の実情に通じていないと適切なアドバイスができません。顧問弁護士は継続的に企業の業務に法的側面から関与することになるので、企業の実情についての知識が蓄積されていきます。よって、法的助言を求められた問題についての弁護士のアドバイスも、より的確かつ具体的なものとなるというメリットがあります。

コストパフォーマンスにも優れている

通常、弁護士は、飛び込みの依頼者と比べて、顧問先に対しては弁護士費用を安く設定しています。よって、いざトラブルに巻き込まれて示談交渉・訴訟を弁護士に依頼することになった場合、飛び込みで弁護士に依頼する場合と、付き合いのある顧問弁護士に依頼する場合とでは、弁護士費用が大幅に変わってきます。
ベリーベスト法律事務所の場合、代理人としての弁護士費用は、通常の料金から10~30%OFFになっています。

役員や従業員の個人的な案件についてもご相談いただけます

企業は人の集まりですから、役員や従業員の数だけ悩みは存在します。ベリーベスト法律事務所では、顧問契約を結ばせていただいている企業の役員や従業員の皆様の個人的なご相談も受け付けております。企業が顧問契約を結ぶだけで、企業だけでなく、企業の役員や従業員の方がそれぞれホームロイヤーを抱えることになると言えます。役員、従業員の福利厚生の一環としてもご活用ください。